脱毛の方法で自己処理

家庭用脱毛器もある

エステで光脱毛などを行う場合と同じような機器を家庭で利用できるようになってきています。また疑似レーザーと呼ばれる家庭用脱毛器も販売されていますので、効果としては、脱毛サロン、脱毛クリニックと比較すると落ちますが、時間をかけてじっくり行うことによって、家庭でもかなり効果の高い脱毛処理を行う事が出来ます。

光脱毛と同じようなもので、毛のメラニン色素にだけ反応する光を利用し、毛根の毛母細胞と毛乳頭という毛が誕生、また成長する細胞部分を破壊するという方法で処理できます。しっかりと脱毛処理ができるので、時間こそサロンやクリニックよりかかりますが、除毛ではなく脱毛したいという人はこうした家庭用脱毛器を利用されるといいでしょう。

安いタイプから高額なタイプまで、家庭用脱毛器もそれぞれですが、高価な物の方がより強めの光が利用できるようになっており、脱毛効果が高い物が多いようです。

この光や疑似レーザーを利用したもの以外に、熱でむだ毛を焼き切るという方法で脱毛処理できるタイプもありますが、この場合、脱毛ではなく、肌表面に見える毛を除毛するという方法です。

カミソリとは違い、皮膚の毛の付け根下部分まで焼切る事が出来るので、成長してくる毛が遅いという効果、また焼切るという方法なのでカミソリの様に鋭角な切り口にならず生えてくる毛が目立ちにくいという特徴があります。